薬をお茶で飲むとどうなるの?お薬の正しい服用方法

薬を飲むときに水で飲むと苦い、まずい、飲みにくいなどの理由で水以外で服用される方が多くいらっしゃいます。
薬によりますが、ジュースや牛乳で飲んでしまうと
効果が期待できないことがありますので、基本的にはお水で飲むように心がけてください。

なぜ薬の服用はお水がいいの?

くすりの服用
昔から薬はお水以外で飲まないとされ、多くの方がお水または白湯(ぬるま湯)で飲用されていると思います。
ではなぜお茶やジュースで飲んではいけないのかというとどのお薬にも影響がないからです。
特に良いとされているのは白湯で胃(おなか)を冷やさないので胃に優しく、
薬の効果もしっかりと期待できるます。

薬をお茶で飲む際に注意していただきたいコト

くすりお茶で服用
昔は絶対に水または白湯じゃないといけない!と言われていましたが昨今では薬はお茶で飲んでも問題ないと言われています。
ただし、市販されている「濃いお茶」や「トクホのお茶」などは出来る限り避けてください。
薬には錠剤、カプセル剤、粉薬などさまざまタイプがあり、胃の中で溶けるもの、食道で溶けるものなど薬の効能により分けれられています。
そのさまざま効果がお茶の成分により変化が起こる恐れがあるからです。

水、お茶以外の飲んだ場合も調べてみました

牛乳も控えて
【牛乳】
牛乳は昔から小学校から飲まれるほど成長に必要なカルシウムが含まれています。カルシウムが吸収に影響したり、吸収が遅くなり効果が弱まる薬があります。
果汁が影響する
【果汁のジュース】
果汁に含まれる酸のため、薬の吸収に影響を与え、効果・吸収が遅くなったり弱まることがあります。特にグレープフルーツジュースは、高血圧の血管を広げる薬(カルシウム拮抗薬という種類)などの降圧効果が増大して低血圧を招く危険があります。

カフェインにきをつけて
【コーヒー・紅茶などのカフェイン】
コーヒーや紅茶にはカフェインが含まれており、薬の中にはカフェインが配合されたものがありますので、カフェイン摂取量が高すぎて、眠れなくなることもあります。
アルコールは駄目です
【アルコール類】
特に気をつけていただきたいのが、アルコールです。薬の吸収や効果に影響しますので、特に気を付けてください。副作用を起こす恐れもあります。

服用の時間も確認しておいてください。

食前 食事の30分前(30分〜20分前)
食直前 2つの意味があります。
食事の直前(食事と一緒に・食べ始めた時と一緒に)
食事の少し前(食事5分前)食事の直前(食事と一緒に・食べ始めた時と一緒に)
食直後 食事の直後(食べ終わった直後)
食後 食事のあと30分程後(30分以内)
食間 食事と食事の間(食後2時間)
起床時 起きたとき
寝る前 寝る30分程前
【まとめ】
基本的には薬の服用はお水か白湯でおくすりを飲んでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です