知っていると知らないでは1年後に大きな差が!?スキンケアの基本!

毎日のスキンケアは女性のたしなみ。
みなさんはスキンケアをおこなう際の順番や意味をご存知ですか?

毎日のスキンケアが未来の肌年齢を左右すると言っても過言ではありません。
意外と知らないスキンケア方法の基本をご紹介します。

まず、スキンケアの基本中の基本は手を洗うこと

うっかり雑菌だらけの手でお肌に触るのは雑菌を塗りつけるのと同じ事、

洗顔、スキンケアの前には大前提として必ず手を洗うことが大切です。
手洗い画像

スキンケアの基本とそれぞれの意味とは

クレンジング

Step1:クレンジング

まずはクレンジングで肌についたメイクを優しく落としていきましょう

目元などのポイントメイクは、ポイントメイクリムーバーで優しくオフしていきましょう。ここで汚れが残っているとくすみの原因になるので優しくしっかりオフしましょう。私は最近まで目元も肌も一緒のクレンジングでオフしていましたが、目元は断然ポイントメイクリムーバーを使ったほうが良いです。落としきれない汚れがスルンと落ちます!!目元をこする回数も減るので是非試してください。


洗顔

Step2:洗顔

泡立てネットでキメの細かい泡を作って、肌に触れるか触れないかくらいの力で優しく指先でクルクル円を描きながら洗いましょう。泡がキメ細かいと毛穴に密着し、より綺麗に皮脂の汚れや角質などを洗い流せます。その後は洗い残しの無いようにぬるま湯でしっかり泡を洗い流しましょう。


化粧水

Step3:化粧水

化粧水は一般的に肌に潤いを与える効果があります。※各メーカーにより成分・効果はかわります。
角質層まで潤いを浸透させ肌をやわらかくする事で、その後使用する美容液や乳液の浸透率も高めてくれます。化粧水をつけるとき、手でつける派とコットン派に分かれると思いますが、私は手の体温で肌に浸透させるイメージで化粧水をつけています。このとき注意なのがパチパチ肌を叩いて刺激しながらパッティングしない事。優しく包み込むようなイメージでパッティングすることで、肌に浸透させます。コットン派の人は毛羽立ったコットンを絶対使わないことに注意してください。低刺激なコットンにたっぷり化粧水を染み込ませてゆっくり肌に浸透させましょう。そのまま放置してコットンパックにするのもいいですね^^


美容液イメージ

Step4:美容液

美容液もメーカー・ブランドにより効能が違いますが、化粧水で整えた肌にや美白効果、保湿効果、エイジング効果などの有効成分を与えることができます。効率的に肌を美しくしたい方は必須ですね。
ちなみに昔、私は化粧水→乳液→美容液だと思っていました。(笑)でも、これでは浸透しにくく効果半減です。分からなくなったら、油分の前に水分を!と覚えていてください^^正しくは、化粧水→美容液→乳液です。
そして、個人的には美容液は一番こだわっています。


乳液クリーム

Step5:乳液

肌に浸透させた潤いを逃さない為に、乳液の油分で蓋をしましょう。多すぎるとニキビの元になりますが、適量ならば潤いの強い見方です。乾燥の気になる場所には少し多めに使うなど量を調整してもいいですね^^


以上が基本的なスキンケアの順番となります。

意外と順番間違ってたり、めんどくさいから途中でやめたりしてませんか? もったいないですよ~!!今日のスキンケアが明日、明後日の美肌に繋がっていきます!!どんな高級エステより毎日の基本的なスキンケアが一番大切。
継続は力なりです。そして女性の肌は体調や季節で敏感に変化します。あれやこれや言いながら仲間内での情報交換も女子の楽しみの一つ^^その時の自分の肌に合ったものをみつけて、美肌を目指しましょう!!

こちらの記事に関して
一般的な使用方法を説明しています。使い方、使用順番などご利用のスキンケアアイテムの説明をお読みいただき、正しくお使いください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です