\今、買うべき非常食を紹介/地震など災害時の非常食は「ドラッグストアでほとんど揃う」

\地震などに備えて絶対必要/災害時の非常食は「ドラッグストアでほとんど揃う」

地震などの災害時に必要な非常食や非常用のバックなど用意していますか?

2011年3月11日に日本国内観測史上最大規模の東日本大震災が発生し、みなさんの記憶にしっかりと刻まれたあの日から10年、2021年2月に東北地方で東日本大震災の余震とみられる大きな地震がありました。
テレビで地震速報を見るたびに「うちって非常用持ち出しバッグや非常食あったっけ?」 「準備しとかないと駄目だね」なんて会話にはなるのですが…実際は” いつか準備しよう ”で止まってしまっています。。

私は関西在住で、これまでに体験した大きい地震は小さい頃の阪神大震災と、ついこの間の2018年に起きた大阪府北部地震です。大阪府北部地震の時は余震が怖くてしばらく夜寝るのが怖かったのを覚えています。

怖さや不安を忘れた頃にやってくる!地震などの災害に備えた非常食はドラッグストアで準備しよう!

地震などの災害はその時に体験した怖さや不安を忘れた頃にやってきたりしますよね。
そんな時、同じ災害を受けたスーパーやドラッグストアが通常通りに営業しているとは限りません。そしてこのコロナ禍でよく耳にする「買いだめ」をする方たちが災害時には必ずと言って良い程でてきます。
スーパーやドラッグストアが営業していたとしても食品や飲料の棚がスッカラカンなんて事があるかもしれません。

実際に地震などの災害が起きた時に慌てないように、今日にでもスーパーやドラッグストアで手に入る非常食におすすめの食品をご紹介します!

ミク子
災害時に備えてしっかりと非常食や非常バックを準備しているご家庭の方も賞味期限のチェックは忘れずに!(非常食の賞味期限を3〜4ヶ月に1度はチェックしましょう♪)

”地震やその他の災害時の非常食”の用意してますか?近くのドラッグストアで【買うべき商品はコレ】

\選ぶポイント/まずは、気温の変化に強く長く保存できるものが前提!

インスタント食品

カップラーメンや、パックのご飯など。最近のインスタント食品はさまざまな種類が販売されているので、非常食を選ぶのも楽しくなるのでは!?

フリーズドライ加工の食品

お湯を注ぐだけのお味噌汁やスープ、最近はカレーなどの種類も豊富。「これ本当にフリーズドライ!?」と驚いてしまうような食感が味わえる商品も♪

レトルトパウチ食品

定番のカレーやシチュー、クラムチャウダーなどのスープ類などもあり、お子様のいるご家庭は非常食でも飽きずに食事ができそうですね♪
最近は親子丼や、麻婆丼など種類が様々あります!\おかゆもオススメです/

ガスや電気が止まってしまっては食べるのは難しいですが、メーカーによっては「そのままでも召し上がれます」などと記載されている商品もあるので各メーカーにお問い合わせ下さい。

地震災害の非常食、準備したのに・・・ガスも電気も止まった!そんな事態はドラッグストアで手に入る「アレ」で解決!

地震などの災害時に備えて非常食を準備したものの、ガスや電気が止まってしまってはその大半を食べる事ができなくなる事も。
そんな災害時に!コンロもレンジも使わなくても食べられる種類も豊富な食品があるんです!

缶詰やゼリーは栄養素も高く、当分摂取も可能!災害時の非常食にもってこい♪

糖分も摂取できる缶詰がマストアイテム!

小豆缶や、みかん・ももなど、甘い物を非常食として常備しておくのはとても大事!また、非常食として常備しておく缶詰はできるだけ水分の多いものを選びましょう♪
おかず系の缶詰なら、お料理にもよく使うことの多いツナ缶はそのままでも食べれますし、野菜があればサラダにして盛り盛り食べれますよね♪
やきとり缶、ひじき缶など栄養素の高いものも種類がとっても豊富で温めなくても食べられるのでおすすめです!

お年寄りの方や、お子様にも◎ゼリー飲料は手軽で喉の乾きにも◎

非常時に最も重要な水分と栄養が同時に摂取できるゼリー飲料。
お年寄りや小さなお子様など、硬いものはあまり食べられない方などにも最適です!高カロリーの商品や、ビタミンやアミノ酸など栄養素が豊富に含まれている商品を選ぶのをおすすめします。
お皿やコップも使わないので、洗い物が出ない所も非常食としておすすめできる最大のポイントです!(ただし、非常食として作られていない商品がほとんどのためゼリー飲料は特に賞味期限のチェックをお忘れなく♪)
ミク子
上記で紹介した食品以外にも飲料水は絶対に必要。大人は1日最低1リットルの水分が必要だそうです。最低でも3日分は確保しておくのが理想ですね。

地震災害や防災の準備は食料だけじゃない!ドラッグストアで簡単に手に入るので\買い回りなし/

地震災害などの非常事態を想像するとまず浮かぶのは「食べ物」ではないでしょうか。でも非常食以外にも合わせて準備する事をおすすめするのが衛生品など!こちらも合わせて用意すると大活躍!そしてほとんどのアイテムがドラッグストアで手に入るので買い回りなしで買い物できちゃいます♪

  • マウスウォッシュ
    地震災害は断水の可能性も。お水は使えない状況で歯磨きの代わりに使いましょう。
  • 汗拭きシートやウェットシート
    こちらも断水の際など、お風呂に入れない場合に体や顔を拭く用に!(顔も拭ける商品を選びましょう)
  • 食品用ラップ
    \お皿にラップを敷いて使うと洗い物ナシ!/洗わなくても1回ずつ清潔に使う事はできます
  • アルコール消毒
    今はコロナ禍で各家庭にあると思いますが、手洗いができない場合の除菌や殺菌に必須アイテムです。

さいごに、日常で簡単にできる事として

  • お風呂の湯船は常に張っておく
  • 非常時に体を拭いたり、トイレを流す水として使えます

  • 車のガゾリンは常に満タンにしておく
  • 非常時に慌てることのないように。ガソリンスタンドは必ず行列ができます・・・

  • 常温でOKな果物や野菜などを常に何か置いておく
  • 
りんご・バナナ・オレンジ・トマトなど常温で食べれる果物などを家の常備食として置いておきましょう

平和な日々が続くと、ついつい忘れてしまいがちですが、地震などの災害は本当に突然やって来ます。
非常時に慌てず対応できるように、普段から食料品や衛生品などの確保は常にしておきましょう!簡単な非常食や衛生品はほとんどの商品がドラッグストアで手に入れる事ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です