「あぁ、今日も疲れた…」と思った時のおすすめの日本のビタミン剤を紹介

「最近なんだか疲れが取れない、目覚めたときにはすでに疲れている…」
「デスクワークが多くて、目の疲れ・肩こり・腰痛のせいで仕事のパフォーマンスが落ちてる…」
「仕事や家事で忙しくなると肌荒れ・ニキビ・口内炎になりやすい…」

こんな悩みを抱えていませんか?

重たい体で仕事や家事をこなすのは大変ですよね。それでいて満足な休息や休暇もなかなか確保できないのが辛いところです。

こんな忙しい毎日を乗り切る時に活用したいのがビタミン剤です。 この記事では肉体疲労に悩む方にも、筋肉のコリでお困りの方にも、肌トラブルを解決したい方にもおすすめの日本のビタミン剤を紹介します。

そもそもビタミンって何か知っていますか?

ビタミン不足!というのはメディアなどで見かけたり聞いたりするので言葉には馴染みがあっても、ビタミンについて說明できる人は少ないのが現実です。

ビタミンが何かも分かっていないのに、ビタミン剤コーナーの前でウンウン唸っていても自分にピッタリのビタミン剤を選ぶのは砂漠で砂金を探すようなものです。

というわけで、まずは足早にビタミンについて学んでおきましょう。噛み砕いてお伝えするので予備知識などは必要ありません。安心して読み勧めてくださいね。

ビタミンは摂取した栄養素を美味しくしてくれる料理人

ビタミンと聞いてピンとこない理由はエネルギーにもならないし、体をつくるわけでもないからでしょう。

エネルギーになるのは脂質や糖質ですし、タンパク質は筋肉をつくるのはイメージしやすいですよね。

じゃあ、ビタミンは何をしているのか?

ビタミンは脂質・糖質・タンパク質を材料にしてエネルギーにしたり筋肉を作ったりしてくれる料理人のような役割を演じています。それだけではなく、あるビタミンは別のビタミンが働けるようにサポートしたりと複数の役を演じているのです。

こんな名優のようなビタミンですが、残念ながらその大半は体内に蓄えておくことはできません。しかも人体で生成できる種類は限られており、食品から摂取するしかありません。

ビタミンの働きを知って、ビタミン剤選びの参考にしよう

実際にいくつか代表的なビタミンをピックアップして紹介しますね。

ビタミンの役割を知れば、自分の症状からどんなビタミンが足りないかの検討がつきやすいのでビタミン剤を選ぶ時の参考にしてくださいね。

ここで紹介するのは次のビタミンです。

  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • ビタミンB12
  • ビタミンC
  • ビタミンE

順番に解説していきますね。

ビタミンB1は糖質からエネルギーをつくりだすのに必要なビタミンです。不足すると疲れやすくなったり、眼精疲労、肩こり、腰痛などになりやすくなります。

ビタミンB2は脂質の代謝に必要で皮膚・爪・髪の毛の発育にも必要なビタミンです。不足すると肌あれ・にきび・口内炎になりやすくなります。

ビタミンB6はタンパク質の代謝に必要なビタミンです。こちらも不足すると肌あれ・にきび・口内炎になりやすくなります。

ビタミンB12は血液をつくるのに必要なビタミンです。不足すると貧血気味になります。

ビタミンCはメラニン色素の生成を抑え、コラーゲンの生成に必要なビタミンです。さらにエネルギーを作り出すのにも必要です。不足するとしみ・そばかすの原因になりますし、疲れやすくなります。

ビタミンEは血液の流れを促進するビタミンです。不足すると冷えを感じやすくなったり、肩がこりやすくなります。

では、実際にこれらのビタミンを含んだ日本のビタミン剤を紹介していきます。

あなたに足りないビタミンが配合されたビタミン剤を選ぶ参考にしてくださいね。

代表的な日本のビタミン剤を目的別に紹介!

先ほどはビタミンの働きと不足するとどうなるのかを抜粋して紹介しました。

自分が困っている症状にあったビタミンが入ってるビタミン剤を選ばないと効果は期待できないのはお分かりいただけたかと思います。

例えば、冷えを感じているのに一生懸命にビタミンCがメインのビタミン剤を飲んでも貧血は解決できそうにありませんよね?

とはいえ、ひとつひとつ医薬品のパッケージの裏とにらめっこするのも面倒くさいですよね。

そこで、代表的な症状におすすめの日本のビタミン剤を紹介していきます!

目・肩・腰の疲れに「アリナミンEXプラス」

ビタミン剤といえば、アリナミンというくらい日本では有名なのが「アリナミンEXプラス」です。日々の疲れが目の疲れ、肩こり、腰痛として出てきたらまずは試していただきたい日本のビタミン剤です。

具体的には目のピントが合わない、目がかすむ時や動いても動いていなくても腰に痛みを感じる時や、どれだけ揉んでも肩こりがとれないなどの症状を感じた時ですね。

ビタミンB1誘導体フルスルチアミン、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンEが有効成分として配合されています。

ビタミンB1誘導体というのはビタミンB1を改良したもので吸収性にすぐれ、体内で効果的に働くビタミンB1ですね。

デスクワークやデジタルデバイスを利用する機会が多く、同じ姿勢が長時間続く方におすすめの日本のビタミン剤です。

created by Rinker
武田コンシューマーヘルスケア株式会社

休みたくても休めない、でも体が重たくて…という方に「キューピーコーワゴールドαプラス」

しっかり寝たはずなのに、起きたときにはすでに疲れていて仕事や家事をしたくないと思う時ってありますよね。こんな時には「キューピーコーワゴールドαプラス」を使いましょう。

「その日の疲れはその日のうちに解消する」と言うのは簡単ですが、できれば誰も苦労はしませんよね。しかも残念なことに日本人は世界的に見ても睡眠時間は短く、休息をとらないことで有名です。これではエンジンをふかしっぱなしにしているようなものでがんばりすぎです。

そこで登場したのが「キューピーコーワゴールドαプラス」です。

ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンE,ビタミンCが食事からエネルギーを作り出すのを助けます。 最大の特徴はビタミンだけではなく、疲れに効く滋養強壮の生薬も配合されていることです。

配合されている生薬は次の4つです。

  • トウキ
  • エゾウコギ
  • オウギ
  • タイサン

簡単に解説しておきますね。

トウキは血液の循環を改善します。血液の循環が良くなれば、全身に栄養が届きやすくなるんですよ。

エゾウコギは細胞がエネルギーを生み出すのをサポートして疲労感に効果があります。

オウギは新陳代謝を高めてくれる滋養強壮効果の高い生薬です。

タイサンはビタミンの吸収を助け、血液の循環も改善し、食欲も刺激してくれる生薬でにんにく(ガーリック)として有名ですね。

全身にのしかかるような疲れを感じるときにおすすめの日本のビタミン剤です。

疲れよりもお肌のシミが気になる方に「ハイチオールCプラス2」

疲れも気にはなるんだけど、それよりも肌のシミをどうにかしたいという時ってありますよね。第一印象を大きく左右しますし、人によっては自分がどう見えているのかが気になってしまってするべきことに集中できないことすらあるでしょう。

何より鏡を見るたびにジワジワと迫ってきている老いを感じるのはつらいものです。

シミ対策のポイントは紫外線ケアとお肌の生まれ変わりを促すことです。

本来、メラニンは肌の生まれ変わりによって自然になくなるんです。ところが、肌の生まれ変わりのペースが落ちると肌から排出されずに残ってしまいシミになってしまうんですよ。

そこでおすすめな日本のビタミン剤は「ハイチオールCプラス2」です。

Lシステインというアミノ酸がビタミンCと連携して肌の生まれ変わりを正常化します。しかもメラニンの発生を抑え、増えすぎたメラニンを無色化します。

Lシステインは食事から摂取するのが難しく不足しがちなので、シミが気になる方は「ハイチオールCプラス2」を飲んでみましょう。

もちろん日焼け止めなどの紫外線対策も忘れないようにしてくださいね!

肌あれ・ニキビ・口内炎に「チョコラBBプラス」

仕事や育児で忙しくて寝不足で疲れてるのはもちろんだけど、鏡を見て肌があれた自分の顔を見たときほど悲しいことはありませんよね。ただでさえ疲れてるのに口内炎までできたりしたらもう大変です。

実はその肌あれと口内炎の理由は同じなんですよ。

どちらも代謝の低下が原因です。代謝とはエネルギーを作り出したり、細胞の生まれ変わりを促進する機能のことです。 代謝が落ちてるから疲れがとれない、代謝が落ちてるから皮膚や粘膜の状態が悪くなるんです。

ならば、代謝を正常化すれば改善されそうですよね。

そこでおすすめなのが「チョコラBBプラス」です。

「チョコラBBプラス」は糖質の代謝に必要なビタミンB1、脂質の代謝に必要なビタミンB2、タンパク質の代謝に必要なビタミンB6をバランス良く配合しているビタミン剤です。

日々の疲れが肌あれ・にきび・口内炎となって出てくる方は「チョコラBBプラス」を飲みましょうね。

日本のビタミン剤で忙しい現代社会を乗り切ろう!

現代社会は時間に追い立てられながら成果を数字で出すことが求められています。「疲れないで」と言うほうが無理です。しかも家事や育児までこなさなくてはいけないとなるといつ休めばいいのかと途方に暮れますよね。

もちろん、リラックスする時間を確保したり、食生活や運動習慣を整えればいいんだと頭では分かっていても疲労している体と頭では実際に行動に移すのは難しいでしょう。

そこで、今回紹介した日本のビタミン剤で疲れをケアしつつ少しずつ環境を整えることから始めてみましょう。

ビタミン剤を飲んでるからと言って無理ができるわけではないので、自分の体をいたわってあげることを忘れないでくださいね!

created by Rinker
武田コンシューマーヘルスケア株式会社



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ドラッグミック編集部です。薬剤師、管理栄養士、登録販売者、メーカー・卸と連携してさまざまなコンテンツをアップいたします。 おもしろかった、ためになったと思ったらぜひシェアしてあげてください!